PICK UP

ミニマムなルックスが魅力

機能性だけでなく北欧モノならではの洗練されたデザイン。
国際山岳ガイドのエクストリームスキーヤー“Jacopo Bufacchi”と共同開発したモデル。
真っ白なボディーにグレーで描かれた網模様。つるんとしたフォルムが特徴的のバックです。そのデザイン性の高さで、2015年のOutDoor Show(欧州)でデザイン賞を受賞しました。

img_st_160309_36

メイン生地は、帆布の開発でも知られる「DIMENSION-POLYANT」社の『X-PAC』シリーズを採用。繊細な見た目ですが高い耐久性を誇ります。

そしてバックパックの重量はわずか625gという超軽量!
1kg前後のバックパックでも軽量といわれている昨今、このクオリティーでこの軽さは驚異的です!
「X-PAC VX-70」を採用することでこの“超軽量”を実現しました。

<X-PAC XV-70とは>
X-PACにはいくつか種類があります。こちらはVX-70,210Dを採用。
VX-70は、軽量高性能素材です。●表面に70Dダブルリップナイロン●中層に防水ペットフィルム●裏面に50デニールのポリエステルタフタ●網状に配置した強度の高いブラックポリエステルX-Ply、ハイドロステート防水構造技術を組み合わせたマルチレイヤー素材になります。非常に耐裂性、耐久性に優れた撥水生地です。

こちらのデザインを見て、何か気になりませんか?

img_st_160309_1
そう、中へのアクセスはどこから・・?!

なんとこのROC HELIOS25はバックパネルより内部へアクセスする仕様になっています。

背面アクセス・・使い勝手はどうなんだろう・・と一見感じますが、画期的な使用方法が盛りだくさん!
ウエストベルトを付けたまま、ザックを肩から降ろして前にクルッと持ってくる。

するとそのまま開閉ができ、中の物も一目瞭然です!!

足元が悪い場所や悪天候の中でもサッと荷物の出し入れができる優れものなのです。
モノを落とすことを最小化にもしたこの設計は革新的です。

全面開いた際も、飛び出し防止の生地が配置されています。

img_st_160309_19

左外側には、キーホルダー付ポケットを配置。iPhone6がスッポリ入る大きさです。

上部にはロープ用キャリーが装備されています。
ロープに限らず、すぐに着用したいジャケットを挟んだり。

フロントパネルにも帽子などの小物を装着できるコードを配置。コードを通す場所も自由に変えられます。

img_st_160309_12
また、ツールや衣服を取り付けられる、取り外し可能なコードが付属で2つあります。

img_st_160309_13
ピッケルループをダブルで装備。トレッキングポールを装着できます。

Interact™サスペンションシステムを搭載し、サポート性と身に着けた時の快適性がUP。さらにウエストベルトとチェストベルトで安定感もしっかり確保できます。

チェストは位置も変更でき、部品はホイッスルになっています。

このROC HELIOS25、見た目とは裏腹に中身を出したらぺちゃんこに!
アタックザックとしても使えそうですね。

サイズは25リットルのみの展開。男性も女性も使いやすい大きさです。

写真左:men’sモデル 171cm, 61kg,
着用アイテム:BOA HOOD MEN / LITE CROSS PANT MEN
写真右:women’sモデル 158cm, 48kg
着用アイテム:DRACO JACKET WOMEN

機能がコンパクトに詰まったザック。
最新の素材や技術、未来的なデザインが魅力の逸品です。

img_st_160309_30
ROC HELIOS25 18,000+tax

*スタッフコメント*
発売前から様々な媒体に掲載され注目度が高かったこのザック。
デザインとカラーが今までのホグロフスにない感じで、魅力的です!
パリッとした張感のあるX-PACは、摩擦にとても強いので登山やクライミングに最適ですよ♪
初めは背面アクセスで戸惑いますが、ホグロフス定番ザックCORKERのように少し手前に持ってきて荷物が取り出しやすかったり、慣れれば逆に使いやすいバックパックです^^

You Might Also Like