PICK UP

トレッキングシューズの合わせ方

トレッキングシューズはサイズが合わないと、足が痛くなったり爪が割れたり足への負担が大きくなってしまいます。
登山をするにあたり1番大切な道具といっても過言ではないトレッキングシューズ。
今回は、シューズの合わせ方についてご紹介します。

◆サイズ合わせは午前中ではなく午後に。
フィッティングはなるべく実際に最も動いている時間帯に合わせるのがベスト。
活発に活動することで、足のサイズや大きさが一日の間で微妙に変わると言われています。

img_st_161218_2 img_st_161218_3
◆実際に山で履く靴下を持参しよう。
登山では、厚手の靴下を履くのがお勧め。クッション性があり靴の形状にフィットしやすくなり疲れにくいという利点があります。
また、靴擦れも軽減されます。

img_st_161218_6
◆つま先の空間は必ずチェックしましょう。
登山靴は、普段の靴のサイズより0.5~1㎝程度大きいサイズを選びましょう。
厚手の靴下を履く場合はで約0.5㎝アップ+つま先の空間に最低でも0.5㎝は確保してください。
普段履きでは必要のない空間ですが、登山は「下り」という動作が付きもの。
ぴったりサイズだとつま先が当たり指が痛くなる原因にもなります。
シューズを履いた際に指が1本入るくらいが目安です。

img_st_161218_4 img_st_161218_5
◆靴紐の結び方について
靴紐は、つま先部分から丁寧に縛っていきます。
くるぶし部分は少しきつめに縛ってシューズがぐらつかないように安定させます。

img_st_161218_10 img_st_161218_9
登山靴の紐は長めに出来ているのでそのまま歩くと紐がほどけたり引っかかったり危険です。
靴紐は、ほどけないようにしまっておきましょう。

img_st_161218_7 img_st_161218_8
◆滑りにくいソールのシューズを。
雨や岩場の多い所では大変滑りやすいので「Vibramソール」を使っているソールがおすすめ。
濡れた地面でもグリップ力を発揮し、安定感が抜群です。

アイテムによって横幅が細身のものやワイドな作りなど、サイズ感が若干異なります。
サイズ感はとても大事なので、実際に店頭で試し履き頂くのが一番なのですが、わからない場合はお気軽にお問合せください*

You Might Also Like