PICK UP

GORE-TEXの種類~ウェア編~

アウトドアでは欠かせないGORE-TEX®アイテム。
防水・防風・透湿素材の最高峰として、世界で最も信頼され、多くのブランドに採用されています。様々なプロダクト展開もありますが、実は種類があることをご存知でしたか?
今回はウェアで使用されているGORE-TEX®の種類についてご紹介します。

 

≪GORE-TEX® プロダクト≫
img_st_161216_17
GORE-TEX® ファブリクスで設計された衣料は、【防水耐久性、防風性、透湿性】を兼ね備えています。耐久性が高く、風雨から体を守る防護性と快適性を保持しています。

—2層構造—
img_st_161216_24
GORE-TEX® メンブレンを表生地のみに貼り合わせたもので、メンブレンを保護するために裏地が付いています。おもなアイテムとしては、メッシュ素材など保温性重視のジャケットやパンツに使われています。

—3層構造—
img_st_161217_1
GORE-TEX® メンブレンを表生地と裏地の間にサンドイッチ状に貼り合わせた一枚地のファブリクスです。おもなアイテムとしてはレインスーツ、アルパインジャケット・パンツなど。摩耗や引き裂きに強い、耐久性のある製品が多くつくられています。

—テクノロジー—
Paclite® Technology
img_st_161216_25
非常に軽量でパッカブルな構造をもつPaclite® プロダクトテクノロジー。ハイキングやサイクリング、その他重量やスペースが重要となる各種スポーツに適しています。Paclite® Technologyは、風が強く寒い気象条件下においても、激しい運動中にはドライで涼しく、クールダウン中には暖かく体を維持します。

C-KNIT™ Backer Technology
img_st_161216_22
快適性をさらに追求したウェアです。腕を通してすぐにわかる、しなやかな着心地を持ちながら、GORE-TEX® ウェアの特長である高い防水耐久性、透湿性、防風性を実現しています。これまでのGORE-TEX® ファブリクスに比べて、より柔らかくしなやかで、最大10%軽く、透湿性も最大15%向上

 

≪GORE-TEX® Proプロダクト≫
img_st_161216_18
GORE-TEX® Proファブリクスで作られた衣料は【防水耐久性と防風性、高い透湿性】を有しています。悪天候の中のあらゆる活動でも気象から身を守り、快適性を維持します。
このファブリクスの構造は行動中は熱や汗を溜めにくくカラダをドライに保ち、クールダウン中の汗冷えも軽減。マウンテニアリング、フリーライドスキー、マウンテンガイドのために作られたこのGORE-TEX® Proファブリクスは非常に高い対磨耗性と丈夫さをもち、過酷で厳しい環境下で頻繁に繰り返す、活動と休息のサイクルに対応します。

—構造—
GORE-TEX® Proプロダクトは画期的な微細構造を持つ100% ePTFE 多層構造メンブレンを採用。このメンブレンは表生地と丈夫な裏地を強固に貼り合わせています。表生地は40デニール以上の耐摩耗性や強度があり、裏地は軽く、透湿性と対磨耗性に優れたゴアマイクログリッドバッカーテクノロジーを用いています。

—テクノロジー—
マイクログリッドバッカー Technology
img_st_161216_23
革新的な裏生地を使用したこのテクノロジーで、快適性とパフォーマンスを向上。ファブリクス裏面の耐摩耗性、耐スナッグ性が向上し、ウェアの高透湿性、軽量化を実現しています。また裏生地のすべりがよいため、中間着の上に着ても動きを妨げません

 

≪GORE-TEX® Active プロダクト≫
短時間での非常に激しい有酸素運動に対して、悪天候でも理想的な機能を発揮します。GORE-TEX® Activeファブリクスによって作られたウェアは軽量で柔らかく、肌触りも快適。
このファブリクスの構造はカラダをドライに保ち、汗の蓄積が少ないため、運動中に熱はためず、クールダウン中の汗冷えも軽減。着ているものを気にする事なくアクティビティに集中できます。

—構造—
GORE-TEX® Activeプロダクトテクノロジーは薄いGORE-TEX® メンブレンと40デニール以下の表生地を用いた軽量な3層構造。裏地側はGORE-TEX® メンブレンとテキスタイルを一体化して貼り合せています。この特殊なラミネートと専用のガーメントデザインによって、ヒートロスと水蒸気の移動を最大限にしています。

 

まとめ
◆GORE-TEX®には3種類のプロダクトがある。
◆軽量を重視するなら⇒GORE-TEX® プロダクト:Paclite®、C-KNIT™
◆耐久性を重視するなら⇒GORE-TEX® Proプロダクト:マイクログリッドバッカー
◆ドライ・透湿性を重視するなら⇒GORE-TEX® Active プロダクト

このように様々な種類が存在するので、目的に合った素材選びが重要となります。
私の場合は、春~秋にかけてのトレッキングにはPaclite®、冬山や岩場が多い所へ登る時はPro、ランやサイクリングにはActive、と季節や状況に応じて素材を使い分けています。
より快適なアクティビティを楽しむためにも、GORE-TEX®ウェアを購入する際は、ゴアタグの下部分に記載されている種類をチェックしたり、店員さんに聞いてみましょう*

You Might Also Like