PICK UP

冬山保温アイテムの使い方

冬山には必須の保温アイテム。
代表的なものと言えば、ダウンなどの綿物やフリース。種類も多く、どれを持って行けばいいのか迷ってしまいますよね。冬山では汗をかかないことが鉄則!
体を温めながら、汗をかかずに快適な登山ができるようアイテムを選ばなければいけません。
そこで今回は、綿物とフリースの種類、どんな時に使用するのかをご紹介します!

—綿物の種類—
綿物には大きく分けて、2種類の素材があります。

img_st_161026_29
1つ目はダウンを採用したもの。
保温性、透湿性に優れるうえ軽量コンパクトに収納ができます。
汗などの湿気を吸いやすく、濡れると保温性がなくなっていまうので、休憩中やテント泊などの停滞時にオススメです。

img_st_161029_36
ホグロフス商品にはフィルパワーの表記タグが付いています*

img_st_161029_17
2つ目は化繊を採用したもの。
湿気や水濡れに強く、お家でガンガン洗えるのでメンテナンスも楽チンです!
蒸れをしっかり外に逃がし、乾きも早く小雨程度はものともしないので、行動中のアウターとして使う人も多いアイテム。
img_st_161029_13
ホグロフス商品では、QUADFUSION™が目印!

綿物は主に休憩中に使用するのが一般的でしたが、フリースよりも軽くコンパクト性に優れ、ダウンにも撥水加工が施されるなど、湿気や水濡れに強くなった物が出てきたので、最近では登山中も着用する人が増えてきました。

img_st_160108_10
ちなみに私は極度の寒がりなので、雪山はフリース+薄手ダウンを着て登ったりもします。汗をかきやすい人にはお勧めできませんが、綿物は着た瞬間から暖かいので冬は手放せないアイテム。

—フリース—
img_st_160108_3
img_st_160108_2
フリースには、厚手・中厚・薄手の3種類があります。
中厚や薄手のフリースは行動中のアウターとしても快適です。
ダウンと違い、ストレッチ性や透湿性にも優れるので一般的には保温アイテムとしてフリースを選ぶ方が大半です。

img_st_160108_4
img_st_160108_5
(厚手)

厚手は休憩中などの停滞時や、氷点下で風が強い冬山を登る際によく使用されます。
冬山といっても、登り始めるとすぐ暑くなるのであまり行動中に着る人は少ないかもしれません。

img_st_160108_6
img_st_160108_7
(中厚)

img_st_160108_8
img_st_160108_9
(薄手)

風もなく天候も良ければ、ウールのアンダーに薄手中厚のフリースがおすすめ。また、かさばらないというメリットもあります。
稜線などで風が出てきた際は、上に防風ジャケットをプラスして、汗をかかないよう小まめにレイヤリングの調整をおこないましょう。

まとめ
◆冬の登山⇒ウールアンダー+中厚or薄手フリース+冬用アウター(+休憩時に着用する綿物があるとなお良し)
◆厳冬期の登山⇒ウールアンダー+中厚or厚手フリース+綿物+冬用アウター

img_st_1202_4
基本的には上記のレイヤリングになりますが、その場所や気候に合わせた服装にしましょう!
フリースは特に種類がたくさんあるので、いろいろ試してみましょう。是非参考にしてみてください*

You Might Also Like