EVENT REPORT NEWS

ひみつきちキャンプ(8/1~8/3)

img_st_0804_6

8月のはじめ、国際自然大学校 福岡校さんとホグロフス福岡がコラボし、
ひみつきちキャンプを行いました!

img_st_0804_7

集まったのは小学1年生~6年生の31名。
2泊3日で一体どんなひみつきちがつくれるのか?
え、今日寝袋で寝るの?!とどきどきわくわくのキャンプがスタートです。

ちなみに三日間のキャンプのスケジュールはこちら。
img_st_0804_9

ということで早速スタート!
まずはどんなひみつきちをつくるか、班ごとにテーマをきめて作戦会議。

img_st_0804_2

5、6人の班にグループカウンセラーがついて活動が行われます。
そしていよいよひみつきちづくりスタート!

今宿野外活動センターのフィールドは広く、まずはお気に入りの場所をさがします。

img_st_170804

使えそうな竹を発見!運びます。

mg_st_0805_3

竹でなにやら武器を作ったようです。

img_st_0805_2

img_st_0804_12

遊んだり休憩したりしながら少しずつ自分達だけの世界ができていきます。

そして夕方ごろには夕飯づくり。
img_st_0804_11

「このカレー一番おいしい!」の声もあがりました。

そして中盤には、参加者全員に秘密アイテム、ホグロフスのリュックが渡されました。
img_st_0804_6

ひみつきちの材料集めや探検の必須アイテムとなったようです!

そして三日間の計10時間に及ぶひみつきちづくりが完結!

三日間、「言ったら秘密にならない!」ということで、お互いどんなものをつくったかわからない状況でしたが、

最後にそれぞれのひみつきちをめぐるツアーが行われました。

img_st_0804_5 img_st_0804_8

武器屋、グリーンランド、夏の隠れ家、男の家、からくり屋敷・・・

それぞれのこだわりポイントやがんばったところを発表し、作り手は「はいってもいいよ~」と少し得意げ。

img_st_0804_10

ちなみに個人的にはこのダイナミックさと無骨さが一押しでした!笑

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今回のキャンプでは、こんなダイナミックな秘密基地作りもですが、
はじめて寝袋やテントで寝る子、マッチに火をつける子、火をつかってご飯を作る子など様々いました。

またいつもだったら引っ張っていけるのに、疲れてできなかった・・・と言っていたグループカウンセラーもいました。

いつもと違う環境に戸惑ったりするのは大人も子供も一緒。

でもその中で、何か一つの「みんながやりたいこと」「みんなが楽しいこと」に向かって過ごすことでたくさんの気づき、嬉しさがあるなあと思います。

これもキャンプの醍醐味かなと思います。

スタッフ福田は久しぶりにキャンプができて、みんなとキャンプごはんを食べれて、夏の陽を思う存分浴びれて、大満足でした♪♪

今後も親子キャンプイベントなど、外遊びを通じて様々な人が集える場をつくっていけたらと思っています。

今後もお楽しみに♪

国際自然大学校 福岡校

自然や人とのかかわりの中で、人生を前向きに生きている人「アウトフィッター」を育成。

子ども自然体験などさまざまなプログラムを展開されています。

You Might Also Like