EVENT REPORT

山トモ作ろう!立石山(18/07/22)

今回は、イムズ登山部で立石山に登りました。皆様もご存知の通り、連日猛暑が続く快晴の中での実施でした。
立石山は、糸島市に位置している山で、芥屋海水浴場のそばにあります。
この海水浴日和の日曜日、ビーチを訪れる方々も多い中で、イムズ登山部は頂上を目指して歩き始めました。


まずは芥屋のバス停に集合しましたが…始まりの地点を変更して、最初は下り坂からのスタート。緩やかなアスファルトを歩いていきます。途中には田んぼ道が横に見えるなど、のどかな風景。お話しながら、ウォームアップも兼ねた始まりになりました。


そして、いよいよ登山口へ…! アスファルトだった先ほどまでとは打って変わって、一気に山道らしくなりました。イムズ登山部は一列になって進んでいきます。


少し登って後ろを振り返ると、そこには芥屋の真っ青なビーチ!浜辺には、海水浴客の色とりどりなパラソルが豆粒ほどの大きさで点々としています。青空にもくもくと浮かんでいる入道雲も、夏を感じさせます。「何枚写真を撮っても足りないくらい」そんな声も聞こえてきました。そんな景色から目が離せなくなりながらも、前を向くとまだ山道は続いています…岩場の照り返しにじりじりと照らされますが、稀にときどき吹く風が心地よいです。


岩場が多く、手を使ったり全身を動かす動作をしたり、登山らしくなってきました。「疲れを軽減するために、なるべく小股で進みましょう。」と、ガイドの安武さん。休憩中には、水分だけでなく塩分も補給します。今回のイムズ登山部参加者は、総勢10名。この暑さの中、お互いに助け合いながら歩みを進めます。


ようやく、頂上近くのベンチまでたどり着きました!ここで、一休みしつつ全員の集合写真をパシャリ。
イムズ登山部は冷たいアイスコーヒーを片手に、「生き返ったー」という声を発したり、達成感の伺える表情を見せたりし始めました。

 
すぐ近くの頂上まで行ってみると、そこには糸島の海を一望できる景色が広がっています。これを目にすると、さっきまでの疲労感も吹き飛んだ様子。満面の笑みでスリリングな(?)岩場に登って記念撮影。楽しくおしゃべりしながら、ランチタイムを過ごしました。


そこからの帰り道は、あっという間でした!最初のスタート地点に戻って来たときには、安堵の様子。海の絶景、大きな岩場、そして、さんさんと降り注ぐ太陽の中、夏の登山を堪能したイムズ登山部でした。 また皆様のご参加お待ちしております。

You Might Also Like